抵当権とはどんなもの?

抵当権とは、金融機関などから住宅ローンをした場合、購入した住宅に抵当権を設定します。抵当権は、物権的担保です。そして、抵当者(金融機関)は、借主が債務不履行になった場合に、一般債権者に比べて先順位の先取り特権が付与されます。

 

したがって、住宅ローンの延滞などが生じ、返済不能になれば、抵当権が行使されます。抵当権が行使されると、通常は、裁判所の管理のもとで、抵当権が設定された住宅は競売に掛けられます。そして、競売で競り落とした人からの、購入金額(換価したお金)を先取り特権者として、優先して返済を受けることが可能になります。

 

 

一方、物上保証人は、お金を借りる場合に主たる債務者に代わり、自分の不動産を物上保証と言う形で提供するわけです。この場合、主たる債務者が借金の返済不能となった場合には、抵当権が実行され、物上保証した不動産が競売に掛けられることになります。

 

したがって、物上保証人は、主たる債務者に代わり自分が提供した不動産を失うことになります。一般に不動産の価値は、高く金融機関は、お金を貸す場合に、物権的な権利として主たる債務者が不動産などを持っていなければ、他の人の不動産を提供させそれと引き換えにお金を貸し、リスクをヘッジします。”