恐るべき根保証の仕組み

借金に関わる用語として、根保証というものがあります。
これは、債務者が債権者に対して現在有している、あるいは将来に有するであろうと予測されるすべての債務について、主たる債務者が債務を履行しない場合に、これに代わって履行をなす義務を負う者が弁済すれば、その債務も消滅するもlのです。

 
しかし、前述の場合は、普通の借入金に対する責任とは異なっていて、融資枠に対する責任なのです。

 
この点は重大なポイントです。

 
ですから、債務者に対して、過重な負担がかかってくる危険性が否定できません。
具体的に説明しますと、前述の主たる債務者が債務を履行しない場合に、これに代わって履行をなす義務を負う契約に際しては、極度額と期間が定められます。
たとえば、極度額が3,000万円で期間が5年という契約で考えてみましょう。
知人から
「300万円の借金をしたいので、債務者が債務を履行しない場合に、これに代わって履行をなす義務を負う人になってほしい。」
との依頼があったとします。

 
これが前述の契約の場合、たとえ、最初に主たる債務者が借りたときは300万円であっても、3,000万円までの範囲内であれば、5年間の間に、何回も借金と返済を繰り返すことが可能である、という契約になるのです。

 
期限が満期を迎えるまでは、最終の金額がいくらになるかがわからないのです。
債務者が債務を履行しない場合に、これに代わって履行をなす義務を負う立場になった人は、この3,000万円の融資枠に対して責任を持つということです。
実に恐ろしい仕組みになっています。