保証人の断り方

契約を結ぶ際には債権者側が保証人を立てるように要求するのが一般的です。そして友人や親族などがそれを引き受けるケースが多いですが、債務の弁済がなされない場合には保証人が代わりに債務を弁済しなければならなくなります。

 
そのため親しい友人などに頼まれても断る事が賢明な選択です。しかし頼む側は迷惑をかけない旨と伝えながら頼み込む人が多いです。そしてほとんどの人たちは断る理由が見つからずに仕方なく引き受けてしまいます。そういった場合には債務者がきちんと債務の弁済を行えば何も問題ありませんが、失業などにより債務の弁済が困難になると保証人にも請求が来ることになります。

 
そこで保証人になる事を断る理由を考えておく必要があります。その方法として最適なのが、自分に十分な資力がないという事を理由に断るのが良いです。資力がなければ債務の弁済は不可能です。そのような事を認識した上で契約を結ぶことは、相手側を騙している事になり詐欺罪に問われる可能性があります。そのため友人などに頼まれた場合には、自分の資力不足を理由に詐欺罪に問われる可能性があるため引き受けることができないという事にすれば良いです。

 

そういった理由の場合には、普通の人であれば無理に頼む事はできなくなります。