根抵当権と抵当権の違いは?

抵当権とは担保物件の一つで、債務者などが債務の担保として提供した不動産に設定されるものです。

 
抵当権は債務の弁済が終了した時点で抹消されますが、債務が履行できなくなった場合はこの抵当権が実行され、不動産競売を経て債権者へ弁済されることになります。

 
抵当権の設定や抹消については当事者間で交わした書面だけでも有効となりますが、法務局へ登記を行うのが一般的となっており、登記が行われるとその内容が土地建物登記簿謄本に記載されることになります。
なお債権または債務譲渡が行われた場合には、抵当権移転登記としてその旨を法務局へ届け出ます。

 
抵当権の一種としては根抵当権というものがあります。
抵当権では一つの債権ごとに担保として不動産に抵当権を設定し、弁済が完了すると抹消されます。

 
しかし根抵当権では、設定することで極度額の範囲内ならば不特定のの債権の担保とすることができます。
銀行などから継続して融資を受ける際、融資のたびに抵当権の設定や抹消を行うのでは非常に不便なため、そういった問題を解消し、利便性を高めるために定められたのがこの根抵当権という制度です。

 
抵当権と同様に、この根抵当権についても法務局へ登記するのが一般的となっており、登記が行われると土地建物登記簿謄本にその旨が記載されます。
また債権や債務譲渡が行われた場合についても同様で、根抵当権の場合は根抵当権移転登記を行うことになります。