中小企業の味方、信用保証協会

無借金経営ができれば理想的ですが、事業を行っているとなかなかそうはいきません。運転資金、設備資金などが必要になってきます。そのようなときにはお金を借り入れる必要がありますが、銀行に掛け合っても、いつも上手くいくとは限りません。

 

特に中小企業になるともともと信用力が乏しい上に、担保となるものもあまりありません。ましてや創業間もない新規企業などは銀行取引事態が少なく、いきなり取引を申し出ても応じてはもらえません。

 

そのようなときには各都道府県や市町村にある信用保証協会を利用するのが最善の方法です。保証協会を利用するにはいくつかのメリットがあります。まず、原則として法人の場合は代表者以外に連帯保証を求めることはありません。次に、銀行のように担保を求めることもありません。

 

つまり、原則無担保無保証での借入も可能ということです。また、銀行でのプロパーでの融資よりも金利が低く設定されており、尚且つ、銀行ですと貸し倒れリスクを回避するために期間が短く設定されていますが、保証協会の場合は返済期間を長く設定することができます。

 

さらに、保証協会の借入を実績として銀行への借入を行いやすくするという側面もあります。保証協会自体が中小企業を応援する目的で作られていますので、融資が必要な場合はいつでも相談に行くことができます。