離婚しても連帯保証人は抜けられない

 

連帯保証人、5文字の言葉は大きな意味を持っています。
借入の際に、連帯保証すると連帯債務者になり、債務者本人と同じ、強い返済義務を負います。債務者が返済を延滞すると、直ちに連帯債務者にも責任が及ぶので、主たる債務者が返済を終わらない限り、連帯債務者自身借入れをしているのと同じことになり、自分自身で返済を確認できない分、余計に始末が悪いことになります。ところで、夫婦は家計も一緒で、結婚している間は、片方が返済が滞れば助け合うのは当たりませという気持ちで、住宅ローンや、片方が事業をしていればその他の借り入れでも連帯保証をしていることは少なくありません。

 

 

しかし、離婚となれば話は別で、保証を続ける理由もなくなるのですが、債権者からしたらそういうわけにはいきません。
債権者からすれば、連帯保証があるからお金を貸したので、それがなくなるのなら、すべて返してもらわなければなりません。離婚を機に、お互いに保証している債務はすべて返済ができればいいのですが、そうでない場合、債権者に合意解除に応じてもらう必要があります。

 

 

返済を受けられる可能性が低くなるデメリットしかないので、債権者も簡単に応じてはくれませんが、ほかに変わりの人を用意して、その人を銀行が認めたら、合意解除することができます。

 

 
浮気の慰謝料請求はこちらへ